会長方針

プロフィール

2020~2021年度 RI第2760地区

小牧ロータリークラブ会長

三輪 憲一(みわ けんいち)

1950年(昭和25年)6月2日生

職業分類/総合建設業

勤務先/株式会社 三喜工務店

ロータリー歴

1996年4月 小牧ロータリークラブ入会

2017~2018年 副幹事

2018~2019年 幹事

2019~2020年 会長エレクト

会長方針

新型コロナウィルスの感染拡大の中、世界中が大変な混乱状態となっています。

ロータリークラブでも、世界大会の取りやめを始め、多くの会合が中止になり、どの団体も運営に困っておられるのではないでしょうか。当クラブも3月、4月の例会は中止になり、会長並びに役員の方々は大変苦労されていると思います。

しかし、例会中止を聞いた私は、不謹慎ではありますが、少しほっとした感覚がありました。小学生の頃、臨時休校になった時と同じ気持ちです。例会中止でどれだけの方が残念がったかわかりませんが、残念に思われた方はあまり多くはないように思います。ロータリーの例会を待ち遠しく思い、参加を楽しみにされている方を増やすことが、会員の増加に繋がるのではないでしょうか。

そのために、私が提案するのは、皆さんが例会に参加することが楽しみになるように、「月1回の歌の合唱、楽しくて為になる卓話」などです。皆様もいろいろな趣味をお持ちだと思いますが、音楽や映画、寄席落語などお金と時間をかけて見に行くのと同様に、大きな声で思いっきり歌ったり(下手でも構いません)、様々な内容の卓話を聞いたり(時にゲストスピーチを招きましょう)、会員間の交流を深め、有意義な時間を共に過ごすことができれば、例会を待ち遠しく思われる方も増えるのではないでしょうか。また、大廃業時代と騒がれる昨今ですが、当クラブでは企業を発展させ、起業家をより多く育て、勉強会も企画したいと思っております。

新型コロナウィルスの終息が見えない今、会員増強の活動はスタートラインに立ち、前進し始めたばかりですが、少しでも多くの会員に参加していただけるように努めていきたいと思います。